月別アーカイブ: 2014年9月

なるべく所有しない。

世の中の子供の人口が少なくなってくると、車の需要っていうのも変化してくるものなんでしょう。

昔は、4人家族ぐらいが多くて、ボックスカーみたいなのが、今よりも、売れたのかもしれないですね。

バブルでもなく不況って、ずっと言われているので、なかなか車そのものの販売台数が落ちているのでしょう。

日本以外の国のほうが売れていたりしそうです。

車を購入するっていうのは、なにかとお金がかかるものです。

個人でカーリースをするっていうのができるようになってきているみたいです。

なるべく所有しないっていうほうが、節約には、なるのかも。

子供のブーム。

子供の人口が少なくなっていっているといいますが、それでも、ブームみたいなのは起こるものですよね。

もっと子供が多かった、一昔前だと、今よりも加熱具合がすごくて、社会現象みたいになり、大人のなかにも夢中になる人が出てきたりっていうことになったのかもしれないです。

こうした子供のブームのひとつとして、なにかを集める、コレクションするみたいなのがあって、そして、そのなかで貴重なものがあり、それを持っていると、うらやましがられるみたいなことがあります。

大人になってみると、なんで、あそこまで、うれしかったのか、ちょっと不思議になったりします。

でも、それが子供心っていうものなんでしょうね。

大人の世界でも、貴重なものを集めることが趣味っていうのがあります。

そういうのは、大人も子供も根本は同じなのでしょうね。

少子化とパソコン処分の関係とか。

少子化が言われ始めて、かなりの年月が過ぎています。

身近な印象だと、そこまで少子化になっているのかなっていう感じです。

でも、昔通っていた小学校の生徒数が、え、こんなけって、びっくりするぐらい減っていたり、近所で遊ぶ子供の姿を見かけることが、たしかに、めったになくなったなって思ったりは、しています。

子供が少なくなれば、それだけ、物が売れる絶対数が少なくなるものなのでしょう。

たとえば、パソコンであれば、今は、少子化に加えて、スマートフォンの普及が、かなり進んでますから、パソコンっていうのは、売れなくなってくるのでしょうね。

子供のころから、スマホを使っているっていうケースが多いのでは。

そうなると、今の大人がパソコンを、そのうち使わなくなって、古いパソコンの処分方法を検索したりする機会は、増えてくるかもしれませんね。

パソコンの処分って、思っているより簡単にはいかないみたいです。

やっぱり、中に入っているデータそのものを、どう削除すれば安全なのかなどが気になるものです。

小学校のクラスの数を見て、びっくり。

少子化って、けっこう進んでいるみたいですね。

昔は、小学校のクラスって、7とか10クラスぐらいはあったんじゃないでしょうか。

この前、ある小学校のクラス数を見て、びっくりしました。

一学年に2とか3クラスぐらいしかないんですよね。

それだけ、昔よりも子供の数が減っているっていうことなんだと思います。

経済状況とか、社会情勢とか、それぞれの人の考え方とか、いろんな影響があって、子どもの数が減っているっていうことなんでしょう。

経済的な影響でいうと、子どもを相手にするビジネスは、縮小傾向にあるっていうことになるのかもしれないですね。

はたして、将来、どうなっていくんでしょうか。